シャンプーとリンスの正しい仕方

皮脂の分泌が多い前頭部や頭頂部は重点的に洗います。

 

でも、ゴシゴシこすったり爪を立てないように指の腹でやさしく洗うことをお勧めします。

 

シャンプーは頭皮の余分な皮脂やその酸化物を洗浄するのが目的なので、

 

刺激の少ないシャンプーを使ってすすぎは十分行ってください。

 

 

髪の毛は洗い方で痛んでしまう事がありますし、洗わないと不潔になって不健康になってしまいます。

 

シャンプーをすると脱毛が進んでしまうと思ってシャンプーが怖い方もいらっしゃると思いますが、

 

洗髪をしないと逆に頭皮が汚れて、いくら育毛剤などをつけても毛穴が詰まった頭皮には浸透しませんので、

 

効果がなくなってしまいます。

 

 

(1)まずはシャンプーをする前に、軽くブラッシングをしておいてから、お湯である程度の汚れを洗い流します。
38度くらいのぬるめのお湯で地肌と髪全体をすすぎ、軽い汚れやヘアケア剤を落とします。
熱すぎるお湯は必要な油分まで奪ってしまい、地肌がカサカサになったり、
髪のキューティクルがはがれやすくなります。

 

 

(2)少量のシャンプーをお湯で薄め、軽く泡立ててから、後頭部の下から全体につけていきます。
(後頭部は比較的外部からの刺激に強いため)

 

 

(3)頭全体にシャンプーがついたら、指の腹を使って、地肌をやさしくマッサージしながら洗います。
爪を立てるのは、地肌を傷めるので避けて下さい。髪の毛をこすり合わせると、
キューティクルがはがれてダメージの原因にもなります。

 

 

(4)ぬるめのお湯で、よく洗い流します。

 

 

(5)リンスは地肌ではなく、毛先を中心に髪だけにつけ、よく洗い流します。

 

 

 

シャンプーもリンスも、化粧品より刺激が強いため、肌に残らないようすすぎは十分に行います。

 

フケやかゆみ、抜け毛などはすすぎ残しが原因とも言われます。